霞台厚生施設組合は、この豊かな自然環境を守ります。

 

構成四市町のごみ処理広域化について

 

石岡市・小美玉市・かすみがうら市・茨城町のごみ処理広域化について

石岡市・小美玉市・かすみがうら市・茨城町のごみ処理広域化について
 

一般廃棄物の処理は,廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づき市町村固有の事務として定められています。一般廃棄物の処理については小規模な市町村が単独で行うよりも,広域にわたり処理することが安定かつ効率であることから,市町村は一部事務組合を設立し,共同でごみ処理を行ってきました。

 

現在、霞台厚生施設環境センターでは,石岡市(石岡地区)・小美玉市(小川・玉里地区)のごみ処理を行っています。ごみ処理施設は,平成6年に建設され約20年が経過し老朽化が懸念されています。 

近隣のごみ処理施設である茨城美野里環境組合クリーンセンター及び新治地方広域事務組合環境クリーンセンターもそれぞれ昭和61年,平成7年に建設されおり,当組合同様老朽化が懸念されています。

 

各一部事務組合の構成は下記の表のとおりです。

 
   
組 合 名 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 茨城町
茨城美野里環境組合 ○美野里地区 ○全域
霞台厚生施設組合 ○石岡地区 ○小川地区
○玉里地区
新治地方広域事務組合
※他に土浦市新治地区含む
○八郷地区 ○全域
   

一方で,国では平成9年1月に「ごみ処理に係るダイオキシン類発生防止等ガイドライン」を策定し,同年5月に「ごみ処理の広域化計画について」を各都道府県に通知し、広域化計画の策定を指導する方針を打ち出しました。

これを受け茨城県は,「ごみ処理広域化の指針」を策定し,県内を10ブロックに区分し広域化処理を推進することを示しました。

 

石岡市,小美玉市,かすみがうら市,茨城町(以下,「4市町」を示す。)では,現有処理施設の老朽度合や,市町村合併に伴い2つの市で複数の処理施設を運営する非合理的な体制となっていることを勘案し,さらに安定的かつ効率的な廃棄物処理システムの構築を目指し協議を重ねてきました。

その結果,4市町では,管内に所在する3施設を集約化し,共同で廃棄物処理施設を整備することとしました。

 

建設候補地について

建設候補地について
 
広域処理施設の建設候補地については,構成4市町の正副首長が構成委員とする石岡市・小美玉市・かすみがうら市・茨城町一般廃棄物広域処理推進協議会において,霞台厚生施設組合の敷地内とすることを基本合意しました。
 

平成27年度以前の当地域内における広域化の主な経過

平成27年度以前の当地域内における広域化の主な経過
 
H10     ・茨城県がごみ処理広域化計画を策定
         ※土浦市を含む5市町が同一のブロックとなる
H18     ・5市町事務担当者勉強会を開始
H24     ・廃棄物広域処理システム検討会を設置
         ※土浦市の脱退により4市町の枠組みへ
H25-H26   ・一般廃棄物処理基本計画を策定(各構成市町)
           ※各構成市町で審議会に諮問しごみ処理広域化の方向性を位置づけ
        ・かすみがうら市が脱退(12月)
H26             ・広域処理推進協議会を設置(5月)正副首長から構成
                 ※ごみ処理広域化を進める上での基本方針等を協議
                ・かすみがうら市が再加入(8月)
                 ※6月議会で広域処理に係る決議を採択
H27             ・広域化推進に係る協定書を締結(1月)
                ・霞台厚生施設組合の規約改正(構成市町議会議決及び県承認・3月)
 

平成27年度以降の広域化の主な経過

平成27年度以降の広域化の主な経過
   
 

新広域ごみ処理施設整備事業の取組みについて

新広域ごみ処理施設整備事業の取組みについて
 
 霞台厚生施設組合を事業主体とする、石岡市、小美玉市、かすみがうら市、茨城町(以下「4市町」という)のごみ処理広域化事業において、去る2月1日、新処理施設整備等事業者の公募選定に係る入札公告に至りました。
 ついては、あらためて地域住民の皆さまへの情報提供並びに周知啓発を図る観点から、これまでの事業経過や今後の予定等をお知らせいたします。
   
【平成28年度の主な事業経過と今後の事業予定について】
新広域ごみ処理施設整備事業の取組み ( 301KB )
<<霞台厚生施設組合>> 〒311-3433 茨城県小美玉市高崎1824番地2 TEL:0299-26-8664 FAX:0299-26-8660